RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

CLOCKWORK NOTE

JOJO/SBR/WJ/特撮/その他あれこれ。ぜんまいじかけ雑記帳。
魔少年 と 魔少女
『魔少女ビーティー・ボウ』
(Ruth Park (原著), 加島 葵 (翻訳)/新読書社)

『魔少年ビーティー』のタイトルの由来はT沢B一だとか諸説あるけども、荒木先生がこの本に何がしかのインスピレーションを受けなかった、というのは私には考えにくい。
(映画化されてるようなのでそっちかもしれない)

図書館で児童書を物色していたら目に飛び込んで来たので思わず借りて読んでしまったさ。
でも「魔少年〜」の方とは内容的な部分での一致は一切なし。
ビーティ・ボウも「魔」少女という名前のインパクトの割には全然「魔」じゃないし。
まあ、主人公の少女の名前が「アビゲール」だったのにはちょっとギョッとしたけどな。バスタードのアレが脳裏を過ぎってな。全世界のアビゲールさんごめんなさい。




| BT/バオー 他 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |