RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

CLOCKWORK NOTE

JOJO/SBR/WJ/特撮/その他あれこれ。ぜんまいじかけ雑記帳。
<< WJ20号感想 | main | 休止中 >>
ジャンプSQ 創刊号
気が付けばジャンプスクエア創刊してた。
楽しみにしてたというわけでもないのだけど、興味と関心はあった。
正直、最近のWJやUJには新鮮味や面白さが足りない、と思っていたので。
ここまで鳴り物入りで創刊するからにはそれなりのものを見せてくれるだろう、とも。

求めていたのは「WJにはできないこと」だ。
WJで好きだった作品が長くない連載を終えるたびに、「良作だったのになあ……WJ向きではないけど」と何度思ったことだろう。
そういう作品の活躍の場になればいいな、と期待してた。

で、創刊号。
期待に関していえば……半々くらい、かな。
和月伸宏、かずはじめ、浅田弘幸。
このあたりの作家は、連載順位を気にせずじっくり描いてほしいとずっと思ってたので、いい感じなんじゃないかと思う。来月号から連載開始の藤崎竜せんせもそのくくり。
その一方で、「ええ、これ『ジャンプ』レーベルなんだ!?」みたいなびっくり感を抱かせる作品もあり。
全体的には……なんだろう、ありていに言えば「月ジャンをやりなおしたらこんな感じ?」みたいな……。
いや、悪くない、悪くないんだけどやっぱり玉石混交だわな。
思ったよりお色気路線ではなくてストーリーとしての「面白さ」を狙おうとしてるのは評価できる。

来月は荒木飛呂彦先生の短編(岸辺露伴!)も掲載されるので、しばらく買って様子を見てみようと思います。

「WJ向きじゃなかった」連載作家さんたち、もっとSQに来ないかなー。
『かおすキッチン』とか『罪花罰』がアリなら尾玉なみえ先生とか引っ張ってきてくれないものか。


以下、作品別感想。
『エンバーミング』 和月伸宏
外さない、外さないよ和月先生。
見開きカラーを開いたときは「え、男二人主人公!?」と意表を突かれたのだけど、こう来たかー。今後レイスが敵対しても、仲間として戦うとしてもこの二人の人間関係が軸になることは間違いない。人間と人間でない者、の対比の象徴としても。
二人のネーミングも面白い。
ヒューリー・フラットライナー。「ヒューリー」は「激昂」にルビふられてるけど、「フラットライナー」の方は心電図だか脳波だかのまっすぐになった線=「フラットライン」から来てるのだと思われる。ニューロマンサーだっけ。
レイスの方は死神を意味するWraithかな。
つーかさ、1月ぶりに帰ってくるなり親友の服を剥ぐって客観的にたいへんアレな行為。


『Lack Stealer』 かずはじめ
MIND ASSASSIN系。いかにもかずはじめらしい作品。
来栖が殺人犯だということにミカが気付くくだりがあまりに唐突過ぎてなんだかなーと思わなくもないけど、ま、それがらしいというか。
青年と少女の組み合わせは反則、なので来栖と花凛の関係は可愛い。


『魔法の料理かおすキッチン』 服部昇太
私こういうノリ好き……!
なんでも頭にマジカルって付けりゃいいってもんじゃねーぞ! 的な!
そんな世の魔女っこたちに対するアンチテーゼですよね。え? 違う?
魔人ビーフネスがベタな魔系スタイルながら不憫で大好きです。
主役二人はもっと創意工夫に富んだ料理に励んでほしい。


『まつりスペシャル』 神尾葉子
うわあ何か突然「KISS」とか「コーラス」みたいなこじゃれ少女漫画系来た!(といっても少女漫画読まないのでこの喩えが適切なのかどうかわからない)と思ったけど読んでみたら予想外に面白くてびっくり。派手さはないけど読ませる。そういえば元々ストーリーテリングって少女漫画のお家芸だわな。
あと、怖い転校生がモモタロス(憑依版)に見える。


『紅』
あんまり捻りがない……というか。もう一味ほしい。絵柄は可愛い。
あと『不戦の約定』に守られたアパートでも、それは『裏の世界』のお約束なんであって、組織とか関係ない民間人ストーカーには意味がないんじゃない? と思ったりしたりしなかったり。


『パト犬』 片倉・狼組・政憲
あんまり期待してなかったけど面白かった!
はやぶさの自転車アクションむちゃくちゃだけど普通にかっこいいし、次回からウルフマンと連携して……って思ってたら犬ー!!
え、マジで来週から犬ですか。折角いいアクション持ってるのに!
いや、アクション生かす展開になると思うんだけど……どうなんだ。


『HELLO BABY』 森田まさのり・小畑健
森田+小畑でこうなるのかー、っていうまさにど真ん中。
世界観は近未来っぽいのにストーリーは普通にヤクザ闘争もので、両作者の作風を踏まえつつそのマッチングを楽しむ作品。


『クレイモア』 八木教広
新連載ではなくてスライド再開なのに、あまり説明がないのでいまいち世界に入りづらい。何度かジャンプで導入篇みたいなの読んだけどもやっぱり13巻分もあるストーリー飛ばしたらよくわからなくて当然だわな。
初めて読む人にもわかるような新スタートを切ればよかったんじゃないかと思うけど、引っ張ってこられたこれまでのファンは即続きを読みたいだろうし。連載スライド組のジレンマですな。
スクエアで初めてクレイモア読んだ読者に、遡ってコミックス読んでみようか、と思わせられたら作者の勝ちだ。


『テガミバチ』 浅田弘幸
連載スライドリスタートでもほとんど問題ないのがこの作品。
もともと短編連作っぽいスタイルだし、話もわかりやすい。
わりとパターン化しやすい設定ではあるので、今後どう広げるのかに期待。


『ロザリオとバンパイア』 池田晃久
お色気ラブコメ担当作品。


『ドラゴノーツ』 木下聡志
なんだかベタな設定と展開だなーと思ったらアニメタイアップですか。
アニメ見てないのでなんともはや。漫画でメディアミックスってあんまり成功例を見ないので、まあ……うーん。


『罪花罰』 三上骨丸
へんたいまんが。
いいぞもっとやれ。
尻とかそういうネタもギャグ漫画の絵柄(ジャガーとかギャグマンガ日和とか)でやられると普通に読めるのに、これはちょっと耽美入った可愛い目の絵柄だからタチが悪い。
つまりこれBL雑誌に載ってる微妙なギャグマンガの匂いがするよ……。
そんな作品が、仮にも「ジャンプ」レーベルでどこまでやれるか見てみたい。


『世界の中心で太陽にほえる』 ポンセ松田
こっちは対照的にすごくジャンプらしいギャグマンガ、かな。
こういうシュール系って一種の系列があるよね。


『TISTA』 遠藤達哉
おされバトル漫画家になる前の久保帯人の短編みたい(褒め言葉)。
や、素直に面白いです。これ創刊号の中でも五指に入る面白さ。
画面のセンスもいいし。なにより主人公のキャラクター造型がいいなあ。
結構あっさり正体バレてたりとか、派手な能力(視力に何か秘密が?)解説がなかったりとか、ストーリー自体はケレン味なく淡々と進んでいくのがいい。


『清く正しく美しく』 ufotable×たあたんちぇっく
ふつうに可愛くて心あったまる系。
ちょっとわざとらしいけどもな。


『テイルズ オブ イノセンス』 海堂博行
この作品もなんだかテイスト違うなー(といってもスクエアはかなり色んなテイストまぜこぜなんでいまいち判断しかねるけど)と思ってたらこっちはゲームタイアップか。漫画でメディアミックスって(略)


『ギャグマンガ日和』 増田こうすけ
ああー……。という。ね。
まったりだ。最後に見慣れたノリのがあると落ち着くというか。
WJにおけるジャガーだ。
ジャンプスクエアが色んな味の盛り合わせ弁当だとしたら、食後のお茶的存在。




総括
なんというか今の段階ではほんとテイスト色々てんこもりな感じ。
読者層はどのくらいを狙ってるんだろう。中〜高校生くらいだろうか。ストーリー性を楽しめる世代狙い、っぽいんだけど。というか、そうあってほしいという願望もあり。
まだまだ少し「かき集め」感はある。
今後どのように淘汰が進んで行くか見守りたい。
なにはともあれ、作品を長い目で見てくれるといい。
| WJ | 22:53 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
○学生の性告白エッチ日記
| SEX | 2009/03/04 12:18 PM |

自分だけのグラビアアイドルが必ず見つかる
| おっぱい | 2009/04/22 11:28 AM |

興味深く拝見しました。
| n95マスク 送料無料 | 2010/08/30 11:15 AM |

とても楽しく読ませて頂きました
| 炭酸パック 作り方 | 2010/08/30 11:16 AM |










http://blog.glassscrew.hacca.jp/trackback/693943